オーケストラの“飛沫”を検証 都響、音楽と安全の両立模索

皆さん、まだまだ大変な状況が続く中いかかお過ごしでしょうか?

プロアマ問わず、何とか安全に音楽活動を再開し、演奏家と音楽ファンが一丸となって検証や研究がたくさんされています。

先日の関西フィルハーモニーや京都フィルハーモニーなどに続いて、東京都交響楽団でも演奏時の飛沫の検証を実地され、「演奏会再開への工程表と指針」を発表されていました。

前回にもお話ししましたが、音楽愛好家にとって暗いニュースが多い中で、プロフェッショナルの先生方たちが率先して検証と提案をしていただくことは非常に大きな意味があると思います。

下記に今回引用させていただいた記事と「演奏会再開への工程表と指針」をご紹介させていただきますので是非ともご覧になってください!

心から敬意と感謝を申し上げます。(東谷)

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200624/mca2006241339012-n1.htm

「演奏会再開への工程表と指針」

https://www.tmso.or.jp/j/wp/wp-content/uploads/2020/06/Guidelines.pdf

「東京都交響楽団WEBページ」

https://www.tmso.or.jp/

2020年6月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin